生前に考える

巨大な和風建築

最近では、自分の葬儀の内容や演出を、生前に考える人が多くなってきています。考えることは色々ありますが、最近は葬儀も多様化しており、自由な形式のスタイルを選ぶ人が多いです。 無宗教葬が今後増加すると言われていますが、このスタイルでは音楽を流して式を進行していくことができます。無宗教葬を希望する場合は、流してもらいたい音楽を選んでおきましょう。 また、最近では白装束ではなく、自分のお気に入りの服を着て旅立ちたいと考える人も増えてきました。それなら、何を着せてもらいたいか選んでおく必要が出てきます。ただし、完全に着用したい場合は、死後硬直が始まる前に着せてもらわないといけません。そう言うことも伝えておきましょう。

自分の葬儀案がまとまったら、家族と話し合い理解してもらうことが大切です。伝統的な葬儀をするなら、理解してもらえますが、新しいスタイルの葬儀を希望する場合、理解されないことも多いです。実際に、葬儀を行うのは家族ですから、お互いが納得するまで話し合いをしましょう。 最近では、生前契約をする人も増えています。自分が希望する葬儀をしてもらいたい場合、生前に委任契約を結び、公正証書にしておくと安心できます。 生前契約を行っている業者もどんどん増えてきました。遺言信託と言うサービスを始めた企業もあります。これらの業者は、インターネットで簡単に調べることが可能です。それぞれの、業者のサービスを比較して決めることです。