家族葬

祈る女

家族葬などの小規模な葬儀を行なう人が増えています。家族葬の葬儀費用の平均は50万円〜60万円程度です。葬儀費用でトラブルにならないように、明確な見積もりを出してもらうことが大切です。

Read more...

チェックポイント

仏壇と花

霊園を申込む場合は、霊園に行きやすいように交通の便に気をつけた方が良いです。駐車場があるかどうか、駅からは近いから、売店が備わっているか、などのポイントを確認しておいておきましょう。

Read more...

生前に考える

巨大な和風建築

生きている内に自分の葬儀に内容を考える人が増えています。日本人は宗教を信仰していることが少ないので、自由な形式のスタイルで葬儀を行なう人が多いです。トラブルが起きないように家族と話し合うことも大切です。

Read more...

専門業者

子どもと喪服の男女

葬儀会社は、名前の通り葬儀を専門に取り扱っている会社のことです。葬儀会社に依頼することで、スムーズに葬儀を進めることができます。サービスも充実しているので、規模に合わせた葬儀をすることができます。

Read more...

費用を抑える

喪服の女性

アットホームな葬儀を千葉でお考えの方はこちらに相談すると良いですよ。家族葬に関するアドバイスをもらうことができます。

通夜から葬儀までするときにかかるのが葬儀費用です。葬儀費用はなるべく早くから準備をすることで大幅にコストカットできます。最近は葬儀費用の一括見積もりができる無料サービスもあります。そうした無料サービスを上手に利用することで、高くなりがちな葬儀費用を抑えつつ、理想のお葬式をとり行うことができるのです。葬儀費用のある程度の相場を調べておくといざとなったときに役立ちます。葬儀費用は「葬儀会社に支払う費用」が一番大きく、60万〜100万円程度します。その次に大きいのが「自分達で支払う費用」でこれも50万円以上します。そして「寺院関係の費用」が50万円前後します。全国平均データでみると合計で200万円近くの出費になるそうです。

葬儀費用は葬儀の規模に関係してきますが、最近は葬儀を小規模におこなう傾向があります。通夜も葬儀も告別式も一日でまとめておこなう「一日葬」や、すべて家族だけで行う「家族葬」、通夜も葬儀も告別式も行わない「直葬」など、すべてスケールが小さくリーズナブルにできる葬儀ばかりです。最近はこうした「安い」「手間と時間がかからない」葬儀が主流になりつつあります。一昔前ならそうした葬儀はお金がない人しか行わないものでしたが、今はお金があるなしに関わらず、格式にとらわれない葬儀を選択する人が多くなっているのです。無宗教葬やホテルでのお別れ会なども流行っていて、昔ながらの豪華なお葬式は時代とともに減ってきています。

事前に準備しておく

丸い数珠

あらかじめ葬儀社を決めておくことによって、亡くなった後の準備がスムーズです。慌てて準備をするよりも、事前にリサーチしておいた方が、安心して業者に任せることができます。トラブルが起きないように、情報収集することが大切です。

Read more...

オススメリンク

  • 遺品整理プログレス

    嬉しいサービスも充実しているのでおすすめです。遺品整理を大阪で行うなら専門のスタッフが在籍しているここにお任せしましょう。